勉強のやる気を維持する目標


気高い夢を見ることだ。

あなたは、あなたが夢見た者になるだろう。

あなたの理想は、あなたがやがて何になるかの予言である。


--ジェームズ・アレン--




欲望を持つことが少なければ少ないほど幸福になるだろう、

という言葉は昔から言われているが、しかし非常に間違った真理である。


--リヒテンベルク--

勉強のやる気を維持するために


受験勉強を続けていると、勉強を始めた当初はやる気があったのに、次第にやる気が無くなり、勉強への熱意が無くなってくる時があります。



どうすれば、勉強のやる気を維持して、長期間勉強を続けることが出来るのでしょうか。



この答えの一つは、勉強を習慣化して勉強のやる気が無くてもあっても、生活の一部として勉強できる状態を作ることです。

歯を磨くように勉強することが出来れば、やる気には関係無く、精神的負担も少なく勉強を続けることが出来ます。(参考リンク:勉強できる習慣)



Sponsored Link

それでは、もう一つの答えとして、実際に勉強のやる気を維持する「気持ち」とはなんでしょうか。



これは勉強の「目的」を明確、具体的にイメージすることだと思います



例えば、夢と勉強とが直結している人にとっては、勉強へのやる気を維持しやすいのではないでしょうか。

将来、大勢の人を助けることができる医者になりたい、多くの人を感動させることのできる画家になりたい、など夢が決まっていれば医学部に入るために、美大に入るために勉強することに対してモチベーションを長期間維持できると思います。
(特に経済的な問題などが無ければですが……)



しかし、実際には確固たる夢や目標が無い人の方が多くを占めていると思います。

多くの選択肢があり、色々なことができる時代だからこそ、簡単に夢や目標を決めることが難しいものです。

また夢や目標は変わるものです。

簡単に大学受験の際に夢が決まるものでもありません。

大学や大学の学部選びの段階で、あなたの夢は抽象的であやふやなものに感じるでしょう。



実際、高校生が進路を決定するとなると、大半の人が大学に進学するとなります。

そして受験する大学選びは、単純に現在のあなたの学力から判断して、最も合格する可能性が高く、偏差値、就職率の高い大学になります。(もちろん、学部の決定はあなた自身が選びます)

これは、合理的に考えて分かりやすい大学選びです。



しかし、これでは、論理面で説明がついても、感情面、あなたの心には響かない場合があります



そのため、大学受験に向けて勉強しよう! と思って勉強を始めても、初めのうちは勉強が続いても、すぐに勉強をしなくなっている場合も少なくなくありません。

本当にあなた自身がしたいこと、あなた自身がしたくないことを、思い描くことが出来なければ、あなたのやる気には繋がらないのです。

不純な動機で勉強しても良い


では、どういった気持ちを持てばよいのでしょう?

しっかりした目標や夢なんて無いよ! と思う人もいるしょう。

私は、受験勉強のやる気に必要な夢や目標は、大それたものでなくてよいと思います。



小さくて、目先のことで、人に言えないような「不純な理由」の方が勉強へのやる気が発揮できる場合さえあると思っています。



例えば、有名大学に合格したい本音が

「大学のサークルで遊びたい!」

「一人暮らしの理由にしたい!」

「合コンでもてたい!」

「今ままでバカにしてきたヤツを見返したい!」

「家庭教師のバイトで稼ぎたい!」

といったことで良いのだと思います。



「医者になって多くの人を助けたい」といった理由からはかけ離れた理由です。

ただ、分かりやすくて、思い描きやすく、具体的な「大学に入りやすい理由」ではないでしょうか。

人に言える、大きくて、綺麗な目標は大事ですし、持っていて欲しいと思います。

しかし、日々のモチベーションを維持するために、欲望をガソリンとした不純な理由で勉強することも悪くありません。

「私が大学に入りたい理由なんて、人に言えないよ。こんな気持ちじゃ大学に入る資格なんてない……」

と思う必要なんて、さらさらありません。

真面目な人ほど、こういった考え方をしてしまうので、注意が必要です。
(このようなタイプは自分から幸せを遠ざけてしまうタイプです)



勉強をしない綺麗な理由なんかより、勉強を続けることのできる不純な理由をもちましょう!



色々、あなたの都合の良い未来を想像して勉強してみてはどうでしょうか。


おもしろい、役に立ったと思う人はエールを。
管理人のやる気につながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

将来の夢を持つこと


今までの内容とは矛盾するように聞こえますが、私はあなた自身が成りたいもの、将来の夢を持つことは、勉強に非常に重要だと思っています。

大きな夢や目標を見つけるのには非常に時間がかかったり、個人差が大きいため、その夢や目標が決まらないこともあるでしょう。

しかし、本当のあなたの夢や目標が見つかった時、非常に強いモチベーションを発揮できます。
(関連リンク:ヤル気のスイッチ

大学受験は乗り越えられても、その先の将来、短期的な目標によるガソリンだけでは、欲望が満たされた時には、もうモチベーションは無くなってしまいますし、虚しいものです。

大学受験後の「先の夢」も忘れないで下さい。

ページのトップへ戻る