人生の推薦図書






(下記のリンクでアマゾンに行きます)

クリティカルシンキング・入門篇

クリティカルシンキング・実践篇―あなたの思考をガイドするプラス50の原則

当サイトの骨組みになっている本です。

全ての人に対して必読の本です。



大学の必修科目に取り入れるべき本当の内容だと思っています。このクリティカルシンキングの考え方が無い人は、詐欺などの被害者になるのかもしれません。絶対に読んで欲しい本です。



しかし、受験生や高校1年生くらいの人は読まなくてもいいです。読み易く作られてはいますが、それでも、読むのに時間がかかりますし、少し難しいです。受験生の人は、これを読まず、その時間は勉強してください。

大学に受かったら読んで下さいね。学長にまで登りつめて、大学の必修科目にして下さい。

クリティカル・シンキングの本はたくさんあるので注意して下さい。クリティカル・シンキング入門 など似たような名前の本があるので間違って買わないように。






なりたい自分になる技術―あなたを成功に導くセルフリーダーシップ

この本もまた、当サイトの骨組みになっている本です。

タイトル通り、なりたい自分になるためのプロセスや、やる気を出す方法を書いています。比較的読みやすい本で、1週間かからないと思います。






愛は脳を活性化する

人の脳は「情報を処理するアルゴリズムを自動獲得するシステム」とし、この定義を実行できる脳型コンピュータの開発を試みています。そして開発経緯で得た知見により、人の脳についても理解を深めていくといった内容になっています。



愛情や意思という曖昧なものが、いかに人に働いているかを、論理立てて説明し、この「働き」を知ることは人生のプラスになります。



少し難しい本なので、時間の無い受験生にはお勧めしません。ぜひ、大学に合格し時間ができれば読んで下さい。






脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める

一日中だらだらと過ごし、頭がボーとする人にはぜひ読んで欲しい本です。

「若いから大丈夫」

というのは、甘い考えです。健全な生活か健全な思考力を与えてくれます。

今すぐできる、脳が冴える習慣を学びましょう! 



本当の脳トレがここにあります。






単純な脳、複雑な「私」

「海馬-脳は疲れない」「進化しすぎた脳」の著者、池谷祐二先生の一冊。

・長い時間一緒にいれば好きになる?
・ひらめきは寝て待て
・なぜか答えだけが分かる
・決断した理由は脳ではなく、身体が知っている
・「心が痛む」ときは、脳でほんとうに痛みを感じている
・僕らの「心」はフィードバックを基盤にしている

など興味が引かれる内容に満ちています。



ばかで可愛らしい私たちの「心とは何か」



その疑問を深く考えさせられる一冊です。





モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

現在、科学により実証されている、指導者や教育者による部下、生徒のやる気を引きだすための方法が存在しています。しかし、実際の現場では実践されていません。

人は単純な報酬ではなく、それより上の段階の欲求により、より自分自身を成長することができます。そして、その成長と糧となる要求を、指導者、教育者は潰してはいけないのです。


多くの指導方法、教育方法の情報があふれていますが、本当に大切な情報がもっと、もっと、世界に広がれば、世界は良くなると信じています。



全ての親、先生に読んでもらいたい一冊です。



Sponsored Link

サイト検索


Category

リンク


Sponsored Link













ページのトップへ戻る