旅行英会話の勉強法について


旅行英会話はトラベル英会話とも呼ばれており、海外旅行で必要となる英語のことを指します。

国内旅行よりも海外旅行の方が刺激が多く、普段見る世界とは違うので非常に楽しいのですが、下記のような苦い経験をした方は多いかもしれません。

  • 上手く表現できなくてカフェやショップで商品を注文できなかった
  • 自分が話す英語を何度も聞き返されてしまった
  • 現地の人とあまり交流できなかったから楽しさが半減した

様々な人と出会って異文化コミュニケーションを取るのが海外旅行の楽しみでもありますし、英語が話せなければその機会は圧倒的に少なくなります。

そこで、海外旅行へと行く前に英語の勉強に取り組むのがおすすめで、3ヶ月前からでも十分な効果が期待できるはずです。

「旅行英会話には○○○の勉強法が良い」という目安は特にないものの、ボキャブラリーを増やしたりフレーズを覚えたりするだけでもネイティブと言葉のキャッチボールはできます。

たったの数ヶ月で英語がペラペラになるのは不可能でも、旅行で使用する機会の多いフレーズを覚えてリスニング力を同時に鍛えれば旅先での生活を更に楽しめるのではないでしょうか。

以下では、どのようなシチュエーションに焦点を当てた勉強法が適しているのかご説明しているので、スキルアップのために試してみてください。

空港:
「入国審査を受ける」「荷物を預ける」「職業を伝える」

ショッピング:
「値段を尋ねる」「試着する」「支払いをする」「小分け袋をもらう」

ホテル:
「チェックインをする」「部屋の条件を確認する」「代金を支払う」

観光:
「タクシーやバスに乗る」「両替所を利用する」「観光案内をもらう」

レストラン:
「オーダーする」「地元の料理について伺う」「電話で予約する」


このようなシチュエーション別で使用する単語やフレーズを勉強すれば、海外旅行で大いに役立つのはお分かり頂けるはずです。

もちろん、フレーズを単純に丸暗記するだけでは意味がなく、イレギュラーな事態や新しい場面では使用できなくなります。

これは旅行英会話に限った話ではないものの、フレーズやセンテンスの内容を理解しながら基礎力をアップするトレーニングを行わなければなりません。

英語の発音に関しては思うように相手に伝わりにくいことがあるかもしれませんが、身振り手振りのジェスチャーを使えば何とかなります。

自分の英語がネイティブに伝わるのかどうか不安ならば、音読の勉強法も取り入れて発音矯正をしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る