海外ドラマや洋画による英会話の勉強法について


英会話の勉強法として海外ドラマや洋画を活用している方は多く、近年ではDVDでもブルーレイでも字幕ありで観ることができるからです。

「最初は字幕ありでドラマや洋画を観る」⇒「日本語音声と英語字幕で観る」⇒「内容をある程度把握したら字幕なしで観る」と上手く活用すれば英語力のアップに繋がります。

以下では、海外ドラマや洋画を使った英会話の勉強法のメリットについて説明しているので、一度目を通しておきましょう。

  • 受験英語では取り扱われないような生きた英語を学ぶことができる
  • リスニングできなかった部分は字幕を見て直ぐに確認できる
  • 巻き戻して再生したり一時停止をしたりと同じシーンを繰り返し聞ける

上記のように、担当の講師や先生を相手にしてコミュニケーションを取る勉強法とは大きく異なります。

どの勉強法が合っているのか個人のレベルによって異なるものの、独学で英語を習得したい方にとって最適な方法なのです。

そこで、どのような点に気を配って英語力を上げる勉強を行えば良いのか下記ではまとめてみました。

  • ただ映像を観て音声を聞き流すだけではなく一つのシーンに絞ってボキャブラリーやフレーズを確認する
  • 同時にスピーキング力を高めるために頭の中で単語を組み立てるイメージで一文一文音読してみる
  • ライティング力を高めるために字幕をオフにして英文を書き取るディクテーションを行う
  • 正確に聞き取れているところと聞き取れていないところを比べて理由を分析する

漫然と海外ドラマや洋画を観ているよりも、上記の点に気を配った勉強法を実践していればより効果を高めることができます。

参考書を使ってガリガリと英語を勉強するよりも圧倒的に楽しいですし、観る作品を変えれば飽きにくいのが大きなメリットです。

ただし、アクション映画やSF映画では日常生活で使用するようなフレーズが出てこないかもしれないので、英語力のアップという意味ではアニメーション映画やファンタジー映画の方が良いかもしれません。

大人向けではなく子供向けのアニメの方が英語の勉強法という点では適しており、易しいボキャブラリーやフレーズが多いのが特徴となっています。

理解できる英単語やフレーズが少なければ意味がありませんし、音読やディクテーションを行う中で嫌になってしまうはずです。

このような状況を避けるためにも、まずは自分のレベルに合った海外ドラマや洋画を見つけて学習に取り組んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る