受験参考書を安く買おう


勉強には様々な道具が必要ですが、最も重要なのが、参考書や問題集など「本」です。
(これからは電子書籍が普及するかもしれませんが。)


ただ、本代も積み重なれば、かなりの額となります。


私の考えでは、本は消耗品です。
その知識にこそ意味があるので、本が中古でも良いと思います。本の紙が古かろうが、痛んでいようが、その報の価値は変わらないでしょう。(横線が書いてあるなど、読みにくくなっていなければ)



また、多くの成功者の共通点に「多読」があります。

受験勉強だけでなく、これからの人生を成功させるには、数多く良質な本を読むことが大切です。

そこで、本を出来るだけ割安に買うため、いくつかの選択肢を紹介したいと思います。



受験参考書などの購入の場合は、最も品ぞろえが揃っているアマゾン をオススメします。マーケットプレイスによって、非常に安価に中古本を買うことができ、極端な例だと、本代が1円で送料のみで買える可能性があります。



新刊を買う場合などもポイントを付けることができる楽天ブックスなどのオンラインショップもあるので、最もお得に購入できるショップを探してみましょう。





※クレジットカードを使用するのにリスク(暗証番号が漏れるなど)を恐れる人は少なくありません。私自身もそうです。

ただ、クレジットカードを使用できないと、代引き料金など必要以上にお金を使用していまいます。

リスクに関しては企業のセキュリティ対策によって、かなり抑えられていますし、そのリスクとカードを使うことの利点を比較すると、利点の方が上だと思います。

出来るだけクレジットカードを使用する場合はウイルスソフトは必ず使う、カードの上限額を低めに設定するなどして、リスクには控えておきましょう。

自分自身で持っていない場合は、ご両親にお願いして買ってもらいましょう。




おもしろい、役に立ったと思う人はエールを。
管理人のやる気につながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る