学習時間を固めよう


当サイトでは「勉強できる習慣」として、すきま時間を有効に使う事で勉強時間を増やし効率的に学習することをオススメしています。


しかし「すきま時間」を使っただけでの勉強では本番の試験に対応することはできません。

Sponsored Link

まとまった学習時間を、どこかで意図的に作り勉強することが重要です。


本番の試験では、長い場合だと1科目、2時間を超える場合も珍しくなく、その長時間集中しなければならない状態が続くためです。



本番と同じ環境に合わせ、普段の勉強から集中力が続くような練習、学習が必要になるでしょう



また、じっくり考えて解く力や集中力を身につけるためにも、こま切れの時間ではなく、雑音に邪魔されない時間を決めて勉強することも、重要でしょう。

ダラダラ長時間勉強するという意味ではなく、2時間、本当に集中して、ヘトヘトになるまで勉強する日を週に1回は意識的に作りだしましょう。



これは、毎日2時間×4回、試験に向けてずっと勉強しろ!というものではありません。

本来,人の集中力は何時間も持つものではなく、1時間程度集中すれば小まめに休憩をとり勉強する方が時間単位の効率的でしょう。

また、毎日ヘトヘトになるまで勉強しては、何カ月も気持ちは持ちません。



勉強を習慣化するには、大きな負担になることなく、歯を磨くように勉強する事ですので、無理して勉強しては逆効果です。



オススメする学習法としては、
普段は習慣的に勉強し、本番に合わせて少なくとも週に1回は、1日2時間をずっと集中するような(過去問を解くなど)勉強する日を作ってみましょう



人は、普段やってきたことしか、本番には出せません。



成功は普段何もしていない人には訪れず、普段から努力している人にだけ、その機会が訪れます。


おもしろい、役に立ったと思う人はエールを。
管理人のやる気につながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る