受験での宿泊ポイント


実家から遠い場所に大学がある場合、受験のため大学の近くのホテルで宿泊する必要があります。

宿泊が必要な受験生に宿泊のポイントを紹介します。

1、試験会場から近いホテルを探すこと


慣れない場所ですから、道が分からず大学に行くまでに迷ってしまう可能性もあるでしょう。

また、せっかく宿泊するのですから、通勤ラッシュや何度も乗換えするような場所に泊まる必要もありません。

電車の遅延なども心配ない受験大学から徒歩で行ける距離のホテルや、数駅で大学に着くことができる交通アクセスの良いターミナル駅近くが良いでしょう。

2、ホテルの近くにコンビニなどの場所を調べておくこと


宿泊するホテルの近くに、コンビニがあるかは調べておきましょう。

近くにコンビニが無いホテルは少ないでしょうが、調べておくと安心できます。

3、受験生プランがある宿泊先を調べておく


受験生プランがあるホテルだと、環境面での特典があるのでチェックしておきましょう。

じゃらん

「受験」をキーワードに検索すると、受験生パックなどの受験生の宿の特集が検索されます。

4、設備や備品がきちんと用意されているか確認


通常のホテルで、タオルやシャンプー、ドライヤーが用意されていないことはありませんが、念を入れて確認しておきましょう。

タオルのにおいや普段使っていないシャンプーなどが嫌な人もいるでしょから、気になってしまう人は持参しておくのがベターです。

また連泊する場合は、コインランドリーがあるかどうか、調べ物のためにインターネット環境があるかもチェックしておきましょう。(ネット環境は、環境があるだけでノートPCの持参が必要な場合が多いです)

5、予約は早めに


受験生の大半が大学近くのホテルに予約を行うのは、センター試験が終わっての1月です。

センター試験の結果次第で、受験する大学を選びたいの人はほどんどでしょうが、絶対に受験する大学が決まっている人は、12月中に予約しておくのがお勧めです。

6、足ることを知る


受験のために一泊するための場所なので、神経質になりすぎ受験本番に影響を与えてしまっては、元も子もありません。

ひたすらに快適さを追求するのではなく(快適なら良いのですが)、足りない部分は仕方ないと気持ちを切り替えましょう。

大切なことは、万全に試験に臨むことです。



おもしろい、役に立ったと思う人はエールを。
管理人のやる気につながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る