受験生のお弁当


試験前のお弁当……。



受験生の親御さんは、子供が受験で頑張るとなると、ついついお弁当を頑張ってしまうでしょう。



受験に勝つで、カツのお弁当。

普段より豪華なおかずの内容。



また、いつもはお弁当を持たない人も、試験会場でお弁当を買う場合など人で混むので、お弁当を買って持っていく場合もあるでしょう。



Sponsored Link

試験という普段と違う精神状態で、普段を違うものを食べるとお腹の調子が悪くなる場合があります。

試験で今まで勉強してきた力を100%発揮するには、試験前の食事に関しても、気を配ってみても良いと思います。



試験前のお弁当、食事は次のようなことに注意してみて下さい。

  1. 普段の食事、料理から、自分のアレルギーやお腹の調子を悪くするような食べ物を把握しておく。

  2. 試験前のお弁当にはサンドイッチやおにぎりなど、消化に良く、小分けで食べられるものが良い。食物が腸に溜まることを押さえることができ、また食べ過ぎによる眠気なども抑えられる。

  3. 脂肪が多い食物(揚げ物、マヨネーズ、ナッツ類、)は控えること。ただ個人差があるので、平気な人はそれほど、気をつけなくても良い。

  4. 乳製品やカフェイン(コーラー、コーヒーなど)の取りすぎには気をつける。これも個人差が大きいので自分の身体をうまく把握しおく。

  5. 甘味料(アスパルテーム、スクラロースなど)の入った食物(ジュースなど)を大量に摂取することは控える。


脂肪が多い食物は控えるとはしていますが、甘い物などはあなたの目安で食べましょう。脳には糖分が必要です。

受験の雰囲気に呑まれれ、試験中、お腹が痛くなったりすることは良くあるものです。

事前に回避し、受験では、あなた自身の実力を出し切って下さいね。



おもしろい、役に立ったと思う人はエールを。
管理人のやる気につながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る