[勉プロ]受験生応援ブログ 2008年9月

[受験役立ち]
2008-09-29 志望校選びの考え方

ものごとを成し遂げる秘訣は、なにに手をつけずにすますかを知ることだ。

--ロビンシャーマ--

急に肌寒くなり、もうすぐ10月になりますね。

気が付けば冬が来て、受験シーズンに突入していきます。

さて今さらですが、あなたの行きたい大学は決まっていますか?

まだまだ、決まっていないと言う人は大いに悩んで下さい。

ただ、もう志望校が決まっており、

「あの大学以外受けないっ」

「他は眼中に無いっ」

という人は少し考え方を広げて欲しいと思います。

この時期だからこそ、もう一度志望校について考えて欲しいと思い、当HP「勉強のプロセス」にコンテンツをUPしています。

おすすめコンテンツ、「志望校を考える

決意が変わらない人も良いとは思いますが、こういった考え方もあると思いぜひ読んで欲しいと思います。




[モチベーション]
2008-09-28 掃除、整理整頓してみよう

部屋を清めよ、天使が立ち寄れるように。

--デッサウ--

休日勉強しようと思っていたのに、やる気が出ずダラダラ、テレビや雑誌、マンガで一日が終わってしまう時があります。

やる気を出すには、「作業興奮」を利用してみましょう。

作業興奮とは実際に行動(作業)してみると、脳が活発に働き出し、行動するためのやる気が出てくるというものです。

詳しくはHPのコンテンツ、「勉強のやる気を出す方法」を参照して下さい。

作業興奮の理屈では、勉強しているとやる気が出てきて、さらに勉強できる事になります。

しかし作業興奮と言っても勉強から始める必要はありません。掃除や整理整頓を行ってみましょう。

どうか馬鹿らしく、時間の無駄だとは思わないで下さい。

行動に出ることで、脳に刺激を与えることが出来ます。

また机や参考書、教科書、ノートなどが整理されていると重要な予定や勉強すべきこ との優先順位が分かりやすくなったり、計画を立てやすくなります。

実際、余計なもの(使わない参考書など)が減ると自然と注意を向ける対象が少 なくなり本当に必要なことに集中できると思います。

さあ、やる気のでないあなたは Let's片付け!




[受験役立ち]
2008-09-27 ノートの書き方

本を読みながらノートを側において、覚えておきたいと思う意味深い箴言をそこに書き留めておくのは好ましいことだ。
いつか気持ちがふさいだときなど、これを眺めれば、書きとどめられた賢者達の思索は生きてゆくのを助けてくれるだろう。

--アンドレ・モロア--

私の住んでいる関東地域では朝夕と涼しくなり非常に過ごし易くなりました。

みなさんは住んでいる地域ではどうでしょうか?

さて、最近は受験ブログやHPを眺めていて、おもしろいノートを発見しました。

「東大合格生のノートのとり方を研究して生まれたキャンパスノート」

コクヨさんが出している商品で、ついつい欲しくなってしまいます。

ただ、ノートの中にドットが付いているという製品で「綺麗にノートが書ける」という事に目的があるようです。

受験勉強の目的とする効果、「テストの点を上げる、知識を暗記する」とはズレているようにも感じます。

知識の定着には、考える、思い出す、何度も実行する、五感を使うのが有効なので、板書にあることを「綺麗に写す」だけでは、期待する結果は得られないでしょう。

私自身はあまりノート作りに時間をかける必要は無いと思っています。

あなたの進捗状況が分かるようなモニタリングノート(参考リンク:「受験合格のカギ「モニタリング」」)と、初めから全てが綺麗にまとまっている参考書があれば十分です。

しかし、学校の授業や予備校だと、授業の内容と解答が付いていない教科書とをセットで初めて意味がある場合があります。

そのため全くノートを取らないのは現実的ではないかもしれません。

ノートの取り方として、「コーネル式ノート」や「マインドマップ」などを参考にしてみましょう。

ぜひグーグルで検索してみて下さい。

他にノート作りの参考書では和田式 書きなぐりノート術 (新・受験勉強法シリーズ)などがあります。

ノートの取り方について、上記の方法に固執する必要は全くありません。あなた自身にあった方法で、意味のあるノートを作って下さい。

「ノートを写す」のではなく、「自分で考え書く」ことが勉強への効果を発揮します。

くれぐれも、ノート作りに時間をかけ過ぎないように。




[受験役立ち]
2008-09-21 自分に問い掛けてみよう

大切なのは、自問自答し続けることである。

--アルベルト・アインシュタイン--

この数日は台風の影響で天候が安定しませんでしたね。

しんしんと雨が降る中、家で勉強するのも悪くないものです。

休日は雨、という人はチャンスだと考え、ぜひ勉強してみましょう。

さて、長時間、自宅で勉強していると刺激が足りないせいか、どうも集中力に欠けていたり眠くなったりします。

集中力を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?

下がった集中力を元に戻す方法として、2つの方法を紹介します。

1、現在の状態を把握する

2、自分自身に問いかける

です。

現在の状態を把握するとは、言葉のとおり、「今集中力が無いなあ」「全然頭が働かない」といったあなた自身の状態を認識することです。

ここで、その状態で勉強を続けるのではなく、今集中できていないとしっかり把握してください。

この時、「どうして私は勉強できないんだっ」と自分を責めないように。

自分の状態が把握していないと、集中力を元に戻そうとも思わず、頭が働かないまま勉強を続けて効率の悪い時間が過ぎてしまいます。

集中できていない状態を理解した後、次は集中するための質問をあなた自身に問いかけてみます。

「今、どの部分を勉強してるんだろう」

「どの部分が分からないんだろう」

「これから、どういった順番で問題を解いて、どこまで勉強しようか」

こういった簡単な自問をすることで、脳に方向性を示し目的が見え、下がった集中力を立て直せます。

また集中力に関しては、当サイトのメインコンテンツ、「勉強で集中する方法」を、ぜひ参考に。




[文房具]
2008-09-17 カドケシ

人間は角(かど)があると
世の中を転がって行くのが骨が折れて損だよ。

--吾輩は猫である--

重力

カドケシ……。

すごい発明だと思います。

私が高校生の時にはありませんでした(多分)。

センター試験でマークシート、1個分の●を消すのに便利なので、ぜひ近くに文房具屋さんで買って下さい。

マークシートが1つずれて、まとめて消す時用に普通の消しゴムも持っておきましょう。




[受験役立ち]
2008-09-16 急な変化を回避し少しずつ勉強しよう

たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せる。

--シェークスピア--

3連休。

私はテーマーパークやショッピングと休日を楽しみました。

みなさんはどう過ごされたのでしょうか?

おそらく高校1年生、2年生、受験生とステージによって、それぞれ休日の過ごし方は大きく異なると思います。

特に受験生の方で平日があまり勉強ができていない場合、「勉強しようっ」と意気込んでいた人も少なくないと思います。

ただ、意気込みとは裏腹に結局計画通り勉強出来ない場合がほとんどです。

平日、時間が無く勉強があまり出来ていないと思う人は。休日に8時間は勉強しようと計画したりしますが、普段積極的に勉強できていない人は急に8時間勉強しようと思ってもできません。

そして思うようにコントロールできず、勉強しない日が続いたりすればイライラして、悪循環に陥ってしまいます。

急な変化を起こそうとすると、「脳」が怖くなってしまい、拒否反応を起こしてしうためです

人は安全に生きることができるよう、変化を敏感に察知し、脳が警告を出せるようになっています。

こういった事態を防ぐには、「急な変化」と脳が思わないように、普段の生活に勉強を少しずつ慣らしていきましょう

また厳しい目標を設定するのでははなく、「簡単な目標」を設定するよう心掛けてみて下さい。

TVのCMの時間だけ勉強するなど、毎日勉強できるような手軽で簡単な方法を考えてみてください。

休日に長時間、勉強しようと考えるよりかは、1週間の普段の時間で勉強計画を立て、休日に多くの量を持ち込まないよう意識しましょう。




[受験役立ち]
2008-09-13 「私には出来る」と考えてみる

臆病でためらいがちな人間にとって、一切は不可能である。

なぜなら、一切が不可能なように見えるからだ。

--W.スコット--

私は、「やればできるっ!」みたいな根性論とか精神論、熱血があまり好きではありません。

スポーツで勝つために、ウサギ跳びするみたいな科学的根拠が全く無く、楽しくもなくて目的に沿っていない努力が大嫌いです

できない事はできないですし、分からないものは分からないと思います。

ただ、私のHPには「受験生の気持ちの在り方」という内容で、やればできる「的な」事を説明しています。

「精神論は嫌い」と言っているそばから矛盾していますが、脳に考える方向を示すことは非常に大切です。

「やればできる」とは言わないですが、「やってもできない」と思っている人にはできないでしょう。

ただ街をブラブラ歩いている時と、赤いものを探して歩いている時では、見付けた赤いものの数は、探している時の方が断然多いと思います。

毎日「できない」と考えて行動していてはチャンスは見つからず、できない理由ばかり見つかってしまいます。

「きっとできる」と考えて行動しているとチャンスが見つかる可能性は高まり、できない言い訳を見つける数は減ります。

脳に方向を示してあげて下さい。

また1日ではなく、日々「できる」と信じれるように毎日少しずつで良いので、良いイメージを想像してみる、1分で良いので目標が達成できるような行動をとってみましょう。

「できない」のではなく「やり方を考える」、あなたには本当にできると信じ、トライしましょう。




(・_・) 2008-09-12

自分たちの今していることは、大海の一滴にすぎないと思っています。

けれど、もしその一滴がなかったら、大海もその一滴分だけ少なくなってしまうでしょう

--マザー・テレサ--

「勉プロ」の管理人、renoirです。

HPを更新したいと思っているのですが、仕事に集中していて、更新が思うように進みません。

ただ、少しずつでなら、みなさんに役立つ情報や考え方を伝えることができると思い、ブログの形で、「少しずつ」書いていきたいと思います。

そして、少しずつブログで私自身の考えをまとめ、HPを更新していきます。

このブログの主な目的は次の3つ。


管理人が伝えたいけど、まとめきれていない知識を分割して伝える

ブログを通して、受験生に役立つ知識をまとめて、HPを更新する

ブログを通し、受験生にコツコツ気持ちを上げてもらう


です。

それでは、これからよろしくお願いします。



あなたの励みになれますように



Sponsored Link

▽サイト検索

Google

▽ブログトップへ

ブログトップ

▽カテゴリ

受験役立ち [11]

モチベーション [7]

志望校合格の習慣 [5]

受験の不安 [4]

文房具 [5]

色々 [7]

はじめに [2]

▽バックナンバー

2009/03 [2]

2009/01 [4]

2008/12 [6]

2008/11 [7]

2008/10 [13]

2008/09 [8]

▽HPへ

勉強のプロセス

管理人に連絡

▽ランキング

にほんブログ村,受験

人気ブログランキング


Sponsored Link




Sponsored Link


[勉プロ]受験生応援ブログトップ

ホーム > [勉プロ]受験生応援ブログ